• ホーム
  • 皮膚科で受けるAGA治療と保険について

皮膚科で受けるAGA治療と保険について

2020年05月31日

近年になって男性型脱毛症と呼ばれる抜け毛の症状に対して、その原因に作用する治療法が確立されました。
従来の対症療法とは異なるこの治療はAGA治療と呼ばれ、医師が処方する飲み薬によって薄毛や抜け毛の問題に対処しようという新しい試みとして知られています。

そんなAGA治療ですが、治療を受けられる場所は非常に多岐にわたっています。
治療に使用数r薬を処方するために特別な資格は必要ありませんので、医師が開業している病院であれば仕組み上はどこでも処方が可能です。
しかしながらAGA治療に本気で取り組んでいる医療機関というものはそれほど多くはなく、一般の内科、美容外科、そして皮膚科の一部が本格的な試みを行っているにすぎません。
そのためAGA治療を受けようと考えているのであれば薬剤を提供しているだけではなく、どのような内容の治療を提供しているかを調べることで個性がはっきりと見えてくるでしょう。

これらの医療機関の中で真剣な取り組みが行われているケースが多いとされている診療科目の一つに皮膚科があります。
頭皮も皮膚の一部ということで、ある意味では専門であると言えるでしょう。
このAGA治療は病院で受けることが出来る治療ではありますが、現在のところ健康保険の適用はありません。
そのため全額自費での治療となってしまいます。
健康保険が適用されないのは皮膚科だけの問題ではなく、どこで治療を行ったとしても健康保険の適用にはなりません。
それは薄毛や抜け毛の問題は病気やけがではないという分類になっていることに起因しています。
そのため薬剤の提供だけで月に1万円前後、治療を含めると2~3万円程度が数ヶ月間継続的に必要になります。
AGA治療はこの様な治療です。